家系

兄弟の親等とは?家系図で解説!

みなさんは兄弟の親等がいくつになるかご存知でしょうか?

 

そもそも親等の数え方が分からない!という方も多いと思います。

そこで今回は、親等の数え方兄弟の親等について家系図を使って分かりやすく解説していきたいと思います。

 


親等とは

親等とは、親族間の遠近の度合いのことを指します。

少し難しいですが、親族関係の遠近を把握するための単位ということですね。

親等の数え方

親等は親子関係つまり上下の関係を1親等として数えます。

 

例えば父と子の場合だと「父→子」となりますので、1親等ですね。

同様に祖父と孫の場合だと「祖父→父母→子」となりますので2親等となります。

親等について詳しく知りたい方はこちら

「親等」とはどんな意味?

 

兄弟の親等

それでは兄弟の親等を家系図で確認してみましょう。

 

 

自分から兄弟へ家系図を辿るためには、「自分→父母→兄弟」としなければならず、「自分→兄弟」と数えることは出来ません。

そして、この数を数えてみると2つとなりますので、兄弟の親等は2親等だという事が分かります。

 

また、兄弟は傍系血族でもあることから2親等の傍系血族と呼ばれることもあります。

まとめ

今回は兄弟の親等について解説を行ってきました。

 

頭の中で数えることが難しくても、家系図にして数えてみるとわかりやすくなりますね。

家系図で自分のルーツを知ろう!


近年では終活に代表されるように、死生観やルーツが注目されるようになりました。
特に『自分のルーツ』に興味を持つ方は年々増加しています。

一度しかない人生、どんなご先祖様が居たのか知りたいですよね。
そんな自分のルーツを解き明かしてくれる存在が『家系図』です!
家系図作成専門会社の当社が作成する家系図では、100名以上のご先祖様が判明することもよくありますよ。
料金もお求めやすい価格で¥39,800~と、気軽に作ることが出来ます。

まだご自分の家系図を見たことがない方は、是非家系図を作ることも検討してみてくださいね。

詳しくはこちら!

この記事の後によく読まれています!