家系図作成

家系図を書く時の兄弟の順番とは!

みなさんは、家系図を書く時の兄弟の順番をご存知ですか?

 

今回は「家系図を書く時の兄弟の順番」について行政書士が解説していきたいと思います。

 


はじめに

まずはじめに、家系図の書き方に関して知っていただきたい事項がひとつあります。

それは、家系図の書き方には決まりはないという事。

 

これから基本的な兄弟の順番の書き方をご紹介をしていきますが、必ずしもそのように書かなければいけないというものではありませんので、ご自分の家族や家系にあわせて形を変えたり修正したりすることも大切です。

 

家系図づくりで大事なことは、家族とご先祖様のことを考えて気持ちを込めて作ることですので、ご家族と見て楽しめる家系図を作ることを意識されると素敵な家系図を仕上げることが出来ますよ。

 

兄弟の順番

兄弟は「自分と同列で父母と縦1本線で結ぶ」ようにして書いていきます。

 

順番は「生まれた順で右から左へ」となりますが、男女や実子と養子での順番の変更はありません。

 

いくつか例を見てみましょう。

兄が1人いる場合

 

兄が1人いる場合は、「自分←兄」となるように書きます。

この時、直接父母と縦線で結ぶことは出来ませんので、枝分かれをするように書いていきます。

 

妹が1人いる場合

 

妹が1人いる場合は、「妹←自分」となるように書いていきます。

 

姉が1人、弟が1人いる場合

 

姉が1人、弟が1人いる場合は「弟←自分←姉」となるように書いていきます。

 

兄が1人、養子(自分より年下)が1人いる場合

 

兄と養子がいる場合も生まれた順で書いていくことになります。

この場合は「養子←自分←長男」ですね。

 

ただし、養子の場合は「縦2本線」となり実子とは異なる点があります。

 

まとめ

今回は家系図を書く時の兄弟の順番について解説を行ってきました。

見やすさを重視して伝えやすい家系図を心がけると素敵な家系図を仕上げることが出来ますよ。

 

是非、参考にして家系図を仕上げてみてくださいね。

家系図で自分のルーツを知ろう!


近年では終活に代表されるように、死生観やルーツが注目されるようになりました。
特に『自分のルーツ』に興味を持つ方は年々増加しています。

一度しかない人生、どんなご先祖様が居たのか知りたいですよね。
そんな自分のルーツを解き明かしてくれる存在が『家系図』です!
家系図作成専門会社の当社が作成する家系図では、100名以上のご先祖様が判明することもよくありますよ。
料金もお求めやすい価格で¥39,800~と、気軽に作ることが出来ます。

まだご自分の家系図を見たことがない方は、是非家系図を作ることも検討してみてくださいね。

詳しくはこちら!

この記事の後によく読まれています!