戸籍

再婚をした場合の戸籍はどうなるの?

再婚をした場合の戸籍の変動は、通常の結婚に比べて多少理解が難しいものとなります。

 

この記事では、再婚をした場合の戸籍について行政書士が解説をしていきたいと思います。

 


 

再婚をした場合の戸籍の変動

再婚をした場合は、それぞれの当事者の状況と希望によって手続きが変わってきます。

 

考えられるパターンとしては6つあげられますので、ひとつずつ確認していきましょう。

夫が初婚、妻が再婚の場合で、夫の氏を名乗る場合

それぞれの状況を確認してみます。

 

  • 夫は、初婚ですので「両親と同じ戸籍」に入っていると考えられます。
  • 妻は、再婚ですので「婚姻時の戸籍」または「1人の戸籍」もしくは「両親と同じ戸籍」に入っていると考えられます。

 

この状況で妻が夫の氏を名乗る場合には、戸籍の変動は次のようになります。

 

『夫と妻の両方が現在の戸籍から抜けて、夫婦で新しい戸籍を作る』

 

この場合は新婚時の戸籍の変動と全く同じとなりますね。

また、新しい戸籍から妻の離婚歴が分かることもありません。

夫が初婚、妻が再婚の場合で、妻の氏を名乗る場合

それぞれの状況を確認してみます。

 

  • 夫は、初婚ですので「両親と同じ戸籍」に入っていると考えられます。
  • 妻は、再婚ですので「婚姻時の戸籍」または「1人の戸籍」もしくは「両親と同じ戸籍」に入っていると考えられます。

 

この状況で夫が妻の氏を名乗る場合には、妻の戸籍の状況によって戸籍の変動は次のようになります。

 

  • 妻の戸籍が「婚姻時の戸籍」または「1人の戸籍」の場合は、『夫のみが現在の戸籍から抜けて、妻の戸籍に入る』
  • 妻の戸籍が「両親と同じ戸籍」の場合は、『夫と妻の両方が現在の戸籍から抜けて、夫婦で新しい戸籍を作る』

 

この中で妻の戸籍が「婚姻時の戸籍」の場合には、戸籍から離婚歴が分かることになります。

妻の戸籍が「両親と同じ戸籍」の場合は、新婚時の戸籍の変動と全く同じとなります。

夫が再婚、妻が初婚の場合で、夫の氏を名乗る場合

それぞれの状況を確認してみます。

 

  • 夫は、再婚ですので「婚姻時の戸籍」または「1人の戸籍」もしくは「両親と同じ戸籍」に入っていると考えられます。
  • 妻は、初婚ですので「両親と同じ戸籍」に入っていると考えられます。

 

この状況で妻が夫の氏を名乗る場合には、夫の戸籍の状況によって戸籍の変動は次のようになります。

 

  • 夫の戸籍が「婚姻時の戸籍」または「1人の戸籍」の場合は、『妻のみが現在の戸籍から抜けて、夫の戸籍に入る』
  • 夫の戸籍が「両親と同じ戸籍」の場合は、『夫と妻の両方が現在の戸籍から抜けて、夫婦で新しい戸籍を作る』

 

この中で夫の戸籍が「婚姻時の戸籍」の場合には、戸籍から離婚歴が分かることになります。

夫の戸籍が「両親と同じ戸籍」の場合は、新婚時の戸籍の変動と全く同じとなります。

夫が再婚、妻が初婚の場合で、妻の氏を名乗る場合

それぞれの状況を確認してみます。

 

  • 夫は、再婚ですので「婚姻時の戸籍」または「1人の戸籍」もしくは「両親と同じ戸籍」に入っていると考えられます。
  • 妻は、初婚ですので「両親と同じ戸籍」に入っていると考えられます。

 

この状況で夫が妻の氏を名乗る場合には、戸籍の変動は次のようになります。

 

『夫と妻の両方が現在の戸籍から抜けて、夫婦で新しい戸籍を作る』

 

この場合は新婚時の戸籍の変動と全く同じとなりますね。

また、新しい戸籍から妻の離婚歴が分かることもありません。

夫と妻がともに再婚の場合で、夫の氏を名乗る場合

それぞれの状況を確認してみます。

 

  • 夫は、再婚ですので「婚姻時の戸籍」または「1人の戸籍」もしくは「両親と同じ戸籍」に入っていると考えられます。
  • 妻も、再婚ですので「婚姻時の戸籍」または「1人の戸籍」もしくは「両親と同じ戸籍」に入っていると考えられます。

 

この状況で妻が夫の氏を名乗る場合には、戸籍の変動は次のようになります。

 

  • 夫の戸籍が「婚姻時の戸籍」または「1人の戸籍」の場合は、『妻のみが現在の戸籍から抜けて、夫の戸籍に入る』
  • 夫の戸籍が「両親と同じ戸籍」の場合は、『夫と妻の両方が現在の戸籍から抜けて、夫婦で新しい戸籍を作る』

 

この中で夫の戸籍が「婚姻時の戸籍」の場合には、戸籍から離婚歴が分かることになります。

夫の戸籍が「両親と同じ戸籍」の場合は、新婚時の戸籍の変動と全く同じとなります。

夫と妻がともに再婚の場合で、妻の氏を名乗る場合

それぞれの状況を確認してみます。

 

  • 夫は、再婚ですので「婚姻時の戸籍」または「1人の戸籍」もしくは「両親と同じ戸籍」に入っていると考えられます。
  • 妻も、再婚ですので「婚姻時の戸籍」または「1人の戸籍」もしくは「両親と同じ戸籍」に入っていると考えられます。

 

この状況で夫が妻の氏を名乗る場合には、戸籍の変動は次のようになります。

 

  • 妻の戸籍が「婚姻時の戸籍」または「1人の戸籍」の場合は、『夫のみが現在の戸籍から抜けて、妻の戸籍に入る』
  • 妻の戸籍が「両親と同じ戸籍」の場合は、『夫と妻の両方が現在の戸籍から抜けて、夫婦で新しい戸籍を作る』

 

この中で妻の戸籍が「婚姻時の戸籍」の場合には、戸籍から離婚歴が分かることになります。

妻の戸籍が「両親と同じ戸籍」の場合は、新婚時の戸籍の変動と全く同じとなります。

 

まとめ

今回は、再婚をした場合の戸籍の変動について解説をしてきました。

 

自分の状況と相手の状況により、手続きが複雑に分かれますのでなかなか理解することが難しい部分もあったかと思います。

簡単に理解するポイントとしては「氏が変わらない当事者が戸籍の筆頭者でない場合は新婚時の戸籍の変動と同じ」という事です。

家系図で自分のルーツを知ろう!


近年では終活に代表されるように、死生観やルーツが注目されるようになりました。
特に『自分のルーツ』に興味を持つ方は年々増加しています。

一度しかない人生、どんなご先祖様が居たのか知りたいですよね。
そんな自分のルーツを解き明かしてくれる存在が『家系図』です!
家系図作成専門会社の当社が作成する家系図では、100名以上のご先祖様が判明することもよくありますよ。
料金もお求めやすい価格で¥39,800~と、気軽に作ることが出来ます。

まだご自分の家系図を見たことがない方は、是非家系図を作ることも検討してみてくださいね。

詳しくはこちら!

この記事の後によく読まれています!