家系

尊属と卑属の違いを分かりやすく解説!

皆さんは「尊属」「卑属」という言葉を聞いたことはありますか?

あまり耳にしない言葉ですので、初めて聞かれた方も多いかもしれませんね。

 

今回は「尊属」と「卑属」の違いについて分かりやすく解説をしていきたいと思います。

 


尊属とは

尊属(そんぞく)とは、自分より前の世代に属する者のことを指す言葉になります。

自分より前の世代とは父母、祖父母、曽祖父母と自分より上の世代のことですね。

 

ただし、一点注意しなければいけないことがあります。

尊属とは「前の世代」のことであり、「年齢が上」という意味ではないということです。

 

例えば、本人が生まれたあとに親に兄弟姉妹が出来た場合や、両親のどちらかが子供よりも年下の人と再婚をした場合などは、本人が年上となります。

この場合でも本人から見ると尊属となります。

 

卑属とは

卑属(ひぞく)とは、自分より後の世代に属する者のことを指す言葉になります。

自分より後の世代とは子、孫、甥姪と自分より下の世代のことですね。

 

ただし、一点注意しなければいけないことがあります。

卑属とは「後の世代」のことであり、「年齢が下」という意味ではないということです。

 

例えば、本人が生まれる前に兄弟姉妹に甥や姪が出来た場合や、子供が自分より年上の人と再婚をした場合などは、本人が年下となります。

この場合でも本人から見ると卑属となります。

 

家系図で確認

 

家系図の青い部分が尊属赤い部分が卑属となります。

 

尊属は、自分から見て上の世代である「父母」や「祖父母」、「叔父叔母」となっています。

卑属は、自分から見て下の世代である「甥姪」や「子」、「孫」となっていますね。

 

また、自分と同世代の「兄弟姉妹」や「いとこ」も含まれていないことが分かります。

まとめ

家系の呼び方には「尊属」と「卑属」以外にも「直系」「傍系」といった分け方も存在しています。

自分から見たご先祖様との関係を知りたいときは、家系図を作ると視覚的にもわかりやすいのでオススメです。

家系図で自分のルーツを知ろう!


近年では終活に代表されるように、死生観やルーツが注目されるようになりました。
特に『自分のルーツ』に興味を持つ方は年々増加しています。

一度しかない人生、どんなご先祖様が居たのか知りたいですよね。
そんな自分のルーツを解き明かしてくれる存在が『家系図』です!
家系図作成専門会社の当社が作成する家系図では、100名以上のご先祖様が判明することもよくありますよ。
料金もお求めやすい価格で¥39,800~と、気軽に作ることが出来ます。

まだご自分の家系図を見たことがない方は、是非家系図を作ることも検討してみてくださいね。

詳しくはこちら!

この記事の後によく読まれています!