家系図作成

家系図と系図の違いとは!

みなさんは家系図系図の違いをご存知でしょうか?

おそらく、ほとんどの方が同じ意味だと思っているのではないでしょうか。

今回はそんな家系図と系図の違いについて解説をしていきたいと思います。

 


系図とは

まずは系図について解説をしていきます。

「系図」とは「系統」を書き表した図のことを言います。

そして系統とは、ある特定の一族や集団、まとまりの派生のことを言います。

 

例えば、言語にも歴史的な系統があり、電車やバスにも系統番号が存在しています。

もっと詳しく説明をすると、言語の系統には「日本語」「英語」「中国語」とたくさんあります。

さらに日本語の中にも方言がありますので「京都弁」「沖縄弁」「東北弁」と系統が存在しています。

 

つまり、系図とは家系図だけに絞らないもっと大きな枠組みのことを指すということです。

 

家系図とは

次に家系図の解説です。

もうお分かりの方も多いかと思いますが、家系図とはまさに「家」の系図を書き表した図のことですね。

 

「家」つまり家族の系図を書き表したものが「家系図」というわけです。

ですので、家系図は系図からして入れ子のような立ち位置だと考えるとわかりやすいかもしれません。

まとめ

系図と家系図は似ている単語なので同じ意味に思われる方も多いでしょう。

しかし厳密には意味が異なっています。

もし誰かに系図と家系図の違いを説明するときには、ぜひ参考にしてみてくださいね。

家系図で自分のルーツを知ろう!


近年では終活に代表されるように、死生観やルーツが注目されるようになりました。
特に『自分のルーツ』に興味を持つ方は年々増加しています。

一度しかない人生、どんなご先祖様が居たのか知りたいですよね。
そんな自分のルーツを解き明かしてくれる存在が『家系図』です!
家系図作成専門会社の当社が作成する家系図では、100名以上のご先祖様が判明することもよくありますよ。
料金もお求めやすい価格で¥39,800~と、気軽に作ることが出来ます。

まだご自分の家系図を見たことがない方は、是非家系図を作ることも検討してみてくださいね。

詳しくはこちら!

この記事の後によく読まれています!